お知らせ・ブログ | 機械メンテナンス職人募集中|株式会社サクシードで自分らしい働き方を

NEWS

制御弁メンテナンスってどんなことするの?

いわき市を拠点に機械メンテナンス業務を行っているサクシードです。
業務の一環として、制御弁メンテナンスを行う機会も多いです。

制御弁とは簡単に言えば気体や液体を押さえつけている制御するためのふたのことです。
一定量を供給したり、制御することでプラント施設の機械や設備が正常に稼動していきます、

制御弁は安全弁、バタフライ弁、ゲート弁、電動弁、シリンダー弁などいろいろな制御弁が存在します。

制御している液体や気体によっては破裂、破損、流出などの恐れがありますので、そういった圧力をうまく調整しながら作動させています。

定期的な作動試験やループ確認を行うことで、弁の安全性、漏洩の状況を確認することができます。

また経年劣化が見られるものに関しては分解点検や清掃を行い、状態を確認します。
もし劣化が確認されれば、新しい弁を取り付けてテスト運転も行われます。

弊社が行っている制御弁のメンテナンスは、数多くある機械メンテナンス作業のうちの一つです。

特に資格がなくても携わることができますので、20代の若いスタッフが対応していることも多いです。
ただ、基本的な機械の理解がないと作業できないものなので、最初は先輩スタッフ指導のもと理解していく必要があります。

機械メンテナンスに興味がある方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから